姓名判断を知ってみよう

>

結構奥が深い姓名判断の世界を見てみよう

この記事をシェアする

姓名判断の習わし

そもそも姓名判断とはどういう占いなのかご存知でしょうか。

姓名判断は、人の姓と名を作っている漢字の並びから、その姓名が持つ運命や運勢を解き明かしていくものと言われています。
つまり、名前は単なるその人を証明する単語だというわけでなく、きちんとなにかしらの役割を持っている存在だということを、姓名判断は教えてくれているというわけなのです。

では、そんな姓名判断の基本的な考え方とはどうなっているのでしょうか。
それは、「名は体を表す」ということです。
わかりやすく言うと、優しそうな名前の人は優しいという感じでしょうね。

なのでどういう結果であろうと、持っている姓名はその人のことを全て表していると言っても過言ではありません。

結果がよくなくても

そんな姓名判断ですが、実は他の占いと違っている部分があります。
それは、運勢の吉と凶がはっきりと表れるということです。

他の占いだと、いい結果も悪い結果もあまりはっきりと断言せずに多少ぼやかして伝えられるという面がありますが、姓名判断だとそういうわけにはいきません。
特に吉名だと、その名前が持っている可能性や夢を表しているという言い伝えがあるくらいです。

もしかすると、かつて姓名判断を受けた際にあまりいい運勢ではなかったという方もいらっしゃることでしょう。
ですが、気を落とさないでください。
仮に結果が凶になっていても、その結果を胸に刻んで自分の人生を少しでもいい方向に向けるように、前向きになることが大事なのです。

そしてなによりも、その名前は親御さんからの大事なプレゼントなので、名前のせいで運勢が悪いだとかよくない方向に考えるのはやめておきましょう。